北海道美幌町の小さなまちのでんきやさん ようでんブログ

お客様の身近なでんき係として美幌町をはじめ近郊の町や北見市などへもお伺いしております。日々の仕事やプライベートなどのドタバタをヨメの視点で書いたブログです。

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3つの調味料だけでレンジで出来ちゃうなめたけ

こんにちは!ようでんのヨメしのぶです(^^)/

今日は、電子レンジを使った料理の紹介です♪


「レンジで作るなめたけ」

IMG_0043.jpg


使っているキノコは
・なめこ 1袋
・えのきだけ 1袋(小)
・生シイタケ 3枚
の3種類です。
あと、赤唐辛子を1本用意してください。

調味料は・・・
しょうゆ 大さじ1.5
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ0.5


(作り方)
①なめこは洗って水けを切る
えのきは1cm、しいたけは5㎜幅に切る。
赤唐辛子は種を取り輪切りに。
②耐熱ボウルに①の材料と調味料をすべて入れて混ぜ、ラップをかけ電子レンジ600Wで2分加熱。
③一度レンジから出してひと混ぜし、もう一度ラップをかけてさらに2分加熱。
④全体を混ぜ合わせ、粗熱をとっておく
⑤密閉できるビンなどに入れ冷蔵庫で約5日程度保存可能。


IMG_0041.jpg
きのこはこのくらいの感じで切ると食べやすいです。

IMG_0042.jpg
レンジで2分+2分でこんな状態になりますよ。

シンプルな調味料で添加物も入っていないなめたけが完成です。

なめたけってこうやって作れるのね!と思ったレシピです。
意外と簡単にできてしまいます。

普通に白いごはんにかけて食べる他にも
大根おろしを添えてみたり
お好きな葉物野菜を茹でてなめたけと和えてみたり
そばやうどんのトッピングとして使ってみたり
玉子焼きに混ぜて焼いたり
炊き込みご飯の具にしたり・・・
いろいろアレンジはできると思いますので
良かったら作ってみてください♪


前回のお料理教室でも作ったものです。


使った機種は
ビストロのNE-BS1100ですが
一般的な電子レンジで全く問題ありませんよ~。

-------------------------

【前回記事のちょっと補足~】

このときの記事でビストロの天井のお手入れについて書きましたが
「天井」のお手入れコースが付いているのは
現在のラインナップでは上位2機種のみです。

過去機種でも上位の限られた機種のみについている機能です。
全てのビストロにはついていな機能なので
説明不足で勘違いされた方がいたらごめんなさい(^_^;)

「天井」のお手入れコースがついていない機種については、
庫内のお手入れコースでスチームを発生させて
庫内の汚れを浮き上がらせ
ふきんで汚れをふき取る
というのが基本のお手入れになります。

天井のヒーター部分以外の
その周りの天井の材質はザラザラしたものなので
ふきんで拭きにくい という点はあると思います。

ツルツルしたところを拭くみたいにはいかないと思いますが
水滴をおさえるような感じで拭きつつ
汚れを吸い取るみたいな感覚で
お手入れしていく方法になるかと思います。

焼き物を美味しく仕上げるための天井の材質だったり
遠赤外線ヒーターむき出しだったりするので
そのへんの性能とお手入れのしやすさを
どういうバランスで考えるか・・・
難しい問題ですね(^_^;)

完璧に庫内を常にピカピカに保っていきたい!
という方は
もしこれからオーブンレンジを購入予定ならば
天井のお手入れコースがついているパナソニックの上位機種か
他社の天井がフラットなタイプを選択するのがいいと思います♪
東芝の石窯オーブンとかかな?

オーブンレンジをどのメーカーのどの機種にしようかって
買うときはやっぱり悩みますよね(^_^;)

その気持ち、とってもわかります。

うちはパナの店ですが
いろいろご相談に乗りますので遠慮なくおっしゃってくださいね♪



ということで
レンジで作るなめたけのご紹介でした~(^^)/



***********************


にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

| スチームオーブンレンジビストロ | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。